スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒がしい教授達

カナダに来て、そしてUBCに来て、「文系の教授になる人は、変わった人が多いな」という印象を受けました。

よく考えたら、UBCに入って教授について日記を書いたことがありませんでした。

今まで印象に残っている教師陣

●アジア学で東アジアを中心に色々教えている教授。専門は絶対韓国のはず、というぐらい韓国の話をしたがる。リーダー的存在の年配教授。いつも学生のようにリュックを背負い、スーツ姿。いつも口が開いている。友人がもった印象は、「クレイジーな科学者」。いつもセカセカ動き、せかせかしゃべり、一人でジョークを言って受けている。たまに可愛いジョークのときもあるが、笑えないジョークも多数あり。老人をいたわる優しい生徒達、頑張っても苦笑い。

●アジア学でインドの歴史、文化、文学を教える、一年前ぐらいに性転換手術を受けた教授。ニューハーフと呼ぶのか?初めて見たときは、「男らしい女」だと思った。中年太りの白人男性が、髪を伸ばし、少し化粧をし、女性の服を着ているという感じ。いつも息を切らしてて、すごくしんどそう。2階のクラスに来るために、必ずエレベータを使う。何を言っているのか分からないぐらいボソボソした低い声で授業をする。インド大好きみたいで、インドの話をするときや、ヒンドゥー教の神様の話をするときは、とてもウットリしている。生徒に興味が無さそうな印象。でも、最後の授業で生徒から拍手を送ってもらったときは感動して泣きそうだった。生徒が一番悩むのは、この教授に「He」か「She」のどちらを使うべきなのかということだ。

●地理学の先生で、アジアの地理を教えてくれてた人。毎授業に必ず同じフルーツジュースをボトルで飲んでいる。ビタミンたっぷり。一時間半で必ず飲み干す。いい人。

●アジア学で一年生レベルの授業でチュートリアルをしてくれる人(教授じゃない)。彼はきっと西アジア出身。コンピュータサイエンスで卒業し、台湾で働いたあと、何故か忘れたけどアジア学に興味を持って、今は博士号の勉強をしているのだとか。恐ろしいぐらいのポーカーフェイス。一時間、顔色表情を変えない。でも、シャイ。彼「この記事について、意見や質問がある人・・・」生徒「・・・・・・」彼「・・・・・・・・この記事は何タラカンタラ。」ついでに、彼は落ち着かない。常に立ったり座ったり、ボードに何か書いてみようとするけど、やっぱりやめる。見ていて飽きないが、目を合わせたいとは思わない。生徒は彼の行動がまったく読めないので、身動きがとれなくなる。

●日本の文学を教えるかっこいい女性教授。なにやら、教授一家に生まれ、現在教授夫婦で、固そうなイメージですが、そんな事はない。Facebook大好き。「Oh I Love Facebook!!」だそうだ。授業中、よくFacebookの話で一人盛り上がってくれる。日本にも何年間住んでいたらしい。谷川俊太郎のファン。アメリカ人だからなのか、よく目を大きく開き、両手フル活動でジェスチャーをする。そんなテンションでよく一時間半授業できるなって尊敬する。見ていて飽きない。

●アジア学で、韓国・日本関係を教える細い熊みたいな教授。体は細くて髪の毛とひげがモジャモジャなので、細い熊。専門は韓国で、韓国語を少し話すみたいです。テンションが高いのか低いのか、何なのかよく分からない、読めない教授。今日は、この教授がちゅーが数年は忘れないだろうな、と思うことをしでかしてくれた。。。。

その①: 教授「僕はあまり日本の歌を知らないんだけど、Morning Musume(モーニング娘)の曲の一部を歌って踊れるんだ。」 

そんな事を言い出したと思うと・・・・・ええええええええええええええええええ!!
歌って踊りだしたー!!しかも右手にマイク持ってるフリまでしてるーーーーーーー!!!
しかもしかも、そんな歌知らねーーーーーーーーーーーーーー!(大苦笑)

その②: 唯一知ってるソノ一部のフレーズを歌って踊った後、恥ずかしげもなく授業に入り、グループになって記事についてディスカッションするように言われた生徒達。ちゅーは近くの子達3人とグループになったのだが、そこにニコニコした教授が近付いてきて、「僕も入れてもらっていいかな」と言ってきた。ぶっちぇけ嫌だが、「ええ、もちろん」という感じで席をオファーし、座っていただいた。この教室、ミニレクチャー教室になっていて、各テーブルごとに段差があるのだが、教授は、その段差の近くに座った。グループの子が、記事について語ってるとき、教授が興奮してきてしまって、立ち上がった拍子に、椅子にひっかかり、椅子がガタガターって一段下がり教授も転びかけるという事件が!笑

教授、落ち着けよ!
そんな突っ込みを入れたくなる一時間でした。

にぎやかな教授に囲まれて、楽しい大学生活を送っています・・・

思いもよらない初日

9月8日!

秋学期スタートしました!!

今日は授業に行ってもコースの説明やプロフェッサーの自己紹介だけだと思い、カバンにはファイルとノート、ペンだけ入れて、すがすがしく朝から登校しました★

9時半始まりの授業だから、ちゃんと5分前には教室に入り、朝バスストップで取って来たフリーペーパーのローカルニュースを読みながらプロフェッサーが来るまで待機。

ていうか、生徒少なくない?

まぁ、一日目だから来る人少なくて当たり前なんだけど、それにしても少ない。

10分ぐらいして、とある生徒が「キャンセルだって」って言い出して、皆ガタガタと席を立ち教室を離れる。

次の授業が11時からだから、カフェテリアで時間を潰し、また授業へ。

11時15分になっても、生徒が5人、プロフ来ない。

キャンセル。

友達が、メッセージをくれた。「今日のクラス、全部キャンセルって知ってた?」

・・・知らねっ涙

何やら、ImagineDayとかいう日みたいで、キャンセルになってるみたいです。
そういうことは、もっとハッキリとメールで知らせて欲しいです。
ちゅーのプロフ、一人もメールくれてませんでした。。。

結局11時半過ぎにおうちに帰ってきました・・・

初日から気抜けたわー

今学期は、初の試みで5教科取ります!!!

カナダの大学生活も、ほんまにクライマックスやー・・・

リーディング・ブレイク

昨日でエッセー・ミッドタームなどなどの勉強漬けが一旦休止!!
あー、ホントに死ぬかと思った。
エッセーは死んだ。笑
でも、ホントに人間出来るもんだと思った・・・20時間ぐらいで2400のエッセーを書いた。
I am so proud of myselfよ!!笑
(内容は別として)

待ちに待ったReading Breakです!
今年はUBC,約10日間の休みがあります。

昨日はテスト終わって、ひゃっほーいって!
Sちゃんと夜は一緒に居酒屋で飲み語り明かした。
ていうか、Sちゃんに会ったのは二ヶ月以上ぶり。笑
久しぶりに会って、妙に興奮してしまった!
熱い話に花咲きました!
カナダで彼女に出会えてよかったなぁって、しみじみ思える夜でした。

今日は、Jちゃんとハワイでの予定を考え練ります。
パッキングしま~す。

シュノーケリングとカヤックは絶対したいなぁ~~♪

明日の午後に旅立ちま~す★
楽しみです!!

すごく外に行きたいけど。

今日は日曜日♪

すでに5時PM。

めちゃくちゃお外に出たいです。

金曜、プレゼン終わってからちょっと寝て、来週の課題&テスト勉強をずっと引きこもってやってます。
昨日は近くのカレッジの図書館で7時間ぶっ通しで勉強して、夜も課題して、今日も朝起きて課題やっと終わらせて、午後からはテスト勉強しています。

すごく、すごーく外に出たいのですが、外に出てもやる事ないし、散歩するにしても、なんか寒そうやし・・・でも、気分転換したいです~・・・。

今、4教科ともアジアに関する教科とってるんですけど、なんか全部被ります~~
被ってるから、ラクっちゃーラクなんですけど。

政治に弱い私。

最近話題のロヒンギャ族をトピックに選んで、課題をしました。
ビルマ(ミャンマー)の国内政治の話になると、ヤル気無くします。
頭悪いんでしょうか、頭に入ってこないのです。笑
○○党とか、ナショナリズムとか、なんとか条約とかいちいち。。。
てか、民族多すぎっ。民族、団結しすぎっ!!(いいんですけどね)

2500-3000のTake-home examは、インドの発展についての記事を読んで、筆者の意見はどのDevelopmen theoryが基礎となってるか、また反対してるTheoryはどれか。
いいんだけど、やっぱりインドの国内政治の話になると、ややこしいー。
去年、南アジアの政治とってたとき、13cmぐらいある分厚いインドの政治の本を読んだんですけど、それが微妙に役に立ってます。あの時は頭痛くなるぐらいノートにメモりながら読んでたけど、アジアの勉強をするなら、南アジアの国際関係・歴史は必須ですねー。あの本を読んだ記憶が、この学期、かなり内容を理解するのに役立っています。

頭が南・東南アジアのほうに飛んでいってますー

きゅーーーーーーーーーっ!!

あと一週間!
一週間後のこの時間は、飛行機の中でハワイや!!!
がむばるー

X-Men続き

撮影終了だと思ってたX-Menですが、次の日学校に行ったらまたセットを作っていました。
雪が降ったから一旦壊したんでしょうか?
それにしても、作り直したり壊したり、大変な作業ですね。

週末の夜にUBCに居た人や、On-campusに住んでる人達は、爆発シーンも見れたようで、UBCの新聞にも載ってました。見物で居た生徒達は、「hundreds of thousands of dollars」もする、この爆発シーンを台無しにしないよう、フラッシュでの撮影を厳しく禁じられたようです。UBCの新聞に、その爆発シーンの写真が載ってるんですけど、すんごーくかっこいいです。

この映画はちなみに、今年の5月に放映されるんだとか。
・・・・早いね。笑

今日は、再建されたセットの写真ももうちょっと撮ってきたので、載せておきます。
一人で撮ってるの恥ずかしいので、ちゃちゃっと撮ってその場を去りました。
でも実は写真撮ってるひと、けっこう居ます。
皆ミーハーだよ、UBCの生徒は。あはっ

まずは裏側から・・・
右側に戦車が見えるでしょ。
P1060126.jpg

見えないけど、フェンスの中にはドラム缶が並べられてたりするのです。
この建物の周りには、コードがいっぱいあります。こんだけコードあったら絡まるやろなぁとか思っちゃいます。

P1060127.jpg
何故か赤い土で舗装されてしまった道。
砂利道になってしまってます。
そしてミニスラム街。
P1060131.jpg

スラムはけっこう適当に作られてて、裏は張りぼてです。
この前見たスラムと同じデザインなのかな?そしたら、この適当に見えるスラムもデザインどおりに一枚一枚貼り付けてるんだろうなぁ。

P1060129.jpg
メインのところ。
見張り塔があって、フェンスがあって・・・ってこの前の日記で説明したとおりでしょー??笑


どんなストーリーになってるんでしょう?
そして、UBCのこの一角は、どのように撮影されてるんでしょうか?
楽しみですねー!

プロフィール

ちゅー

Author:ちゅー
18歳で日本を離れ、カナダのコミュニティカレッジでESLを含め3年勉強し、現在ブリティッシュ・コロンビア大学でアジア学をメジャー、国際関係学をマイナーに、勉強しています。卒業予定は2010年5月。趣味は中国語の勉強、アジア映画観賞、器観賞、旅行。好きな食べ物はカルピスと冷やし中華。喜んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったりと、そんな忙しい日常を、気ままに綴ってます。そんなちゅーさんを、どうかよろしく。

プロフィール(詳細)

●バンクーバ時刻●

「9」を押してみそ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■メールはコチラ■

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。