スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア

毛沢東のメディアや教育操作から興味を受けて、日本の帝国のメディアや教育操作を今調べてます。

情報操作って、ほんとーに怖いですね。

色んなプロパガンダが仕組まれた新聞や雑誌の本をみて思いました。

東南アジアの写真で、女性が半裸で籠を頭にのせて裸足で道を歩いてる写真が日本の雑誌に載ってたみたいだけど、帝国下の日本で、その写真の与える影響って言ったら、その国の未発達な文化とか、マテリアルイメージの無い文化とか、伝統的なイメージとか、その他もろもろで、最終的に、「日本って発達してる!」って日本国民に思わせるんですよ。

シンガポールを英国から「救った」という写真には、小さい日本兵が、大きい英国兵に銃剣を向けて、英国兵は降参のポーズ。そして、日本降伏時には、小さい昭和天皇の横に、ずどんと立った、マッカーサ将校の写真(すごく有名ですよね)。力の象徴が写真で表現されています。

思ったんだけど、今のメディアのニュースも、将来的には、学問の資料として使われるようになるんだなぁと思いました。

さっき、ミクシーで、アメリカの大統領が中国の主席に、お辞儀をしている写真が載っていました。数十年後に本に載るぞ、と思った。笑

あと、満州事変についての本も読んだけど、その頃のメディアが、どれだけ満州事件の事を取り上げたかとかいう統計資料もありました。

中国の餃子事件について書かれた記事数も、そのうち「2000年代の日中関係について」的な論文の資料になるんだろうと思いました。笑。

今日はすごく疲れた。昨日も今日も、一日中、UBCの3つの図書館を行ったり来たりして、資料を集めてたから、すごーく足が疲れました。でも、金曜の出発までにはエッセー書けそう。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
何が真実で、何が真実でないか。
見極めるのは難しいよね。
所詮自分という枠組みの中でしか、
人間は物事を判断するしか
できないと思うから。
  • しゅねり#-
  • URL
  • 2010.04.15(Thu)
  • Edit
●しゅねり●
確かに、「自分という枠組みの中でしか判断できない」っていうのは納得。でも、その枠組みを広く大きくしていくことは出来ると思いますが・・・いかが??
  • ちゅー#-
  • URL
  • 2010.04.20(Tue)
  • Edit

プロフィール

ちゅー

Author:ちゅー
18歳で日本を離れ、カナダのコミュニティカレッジでESLを含め3年勉強し、現在ブリティッシュ・コロンビア大学でアジア学をメジャー、国際関係学をマイナーに、勉強しています。卒業予定は2010年5月。趣味は中国語の勉強、アジア映画観賞、器観賞、旅行。好きな食べ物はカルピスと冷やし中華。喜んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったりと、そんな忙しい日常を、気ままに綴ってます。そんなちゅーさんを、どうかよろしく。

プロフィール(詳細)

●バンクーバ時刻●

「9」を押してみそ

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■メールはコチラ■

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。