スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな事を書くと気分がのる

金曜日に3500ー4000ワードのエッセー提出があります。
木曜日に一個期末試験があるんやけど、大丈夫かな?笑
大丈夫やろ。

ははっ

テーマが、15世紀前後の中国が東南アジア地域に与えた影響。ちゅーの得意とする範囲だから、リサーチ中も本とか資料に没頭出来る。ヒストリー系のペーパーは慣れてるし、ボキャブがあるから、書ける。

文学のペーパーは苦手。
英語での表現力が足り無すぎるから、言いたい事が上手く伝えられないし、やっぱり「表現力が足りない」って教授にコメントを書かれる。「すごくアイディアは良いし、Thesisもしっかり出来てるんだけど、表現力が足りない」っていうコメントを、文学のエッセーを提出する度に書かれる。文学での表現って、ニュアンスの違いがすごく大切。単語力が足りないと、どうしても上手く書けない。文学メジャーとかにしてたら、こういうエッセーいっぱい書くだろうから、表現力が付いてくるんだろうな。

最近になって、思うこと。日本語の表現力も無いし、読解力も無い。

今、参考文献として、日本語の資料を読んでるんだけど、すごく難しく感じる。教授が「英語以外の参考文献を使ってもいいよ。使ったら、ボーナスポイントをあげるよ。」などと言ったので、「やった!私使います!」とか言っちゃって、気合入れて読んでるけど、やたら難しいわ。専門用語を、全て英語で最初にやってしまうと、日本語の読解が遅くなる。漢字の読み方はなんとなく分かるけど、スッと頭に入ってこないんだ。一つの文章を、2,3回読み返す必要がある事が何度もあった。英語で読んだほうが早い。小説を読むときは大丈夫なんだけどな。。。

履歴書とか色々書いてると、志望動機とか書くじゃないですか。
「感銘を受けました」ばっかり笑
全然あかんわ・・・

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

ちゅー

Author:ちゅー
18歳で日本を離れ、カナダのコミュニティカレッジでESLを含め3年勉強し、現在ブリティッシュ・コロンビア大学でアジア学をメジャー、国際関係学をマイナーに、勉強しています。卒業予定は2010年5月。趣味は中国語の勉強、アジア映画観賞、器観賞、旅行。好きな食べ物はカルピスと冷やし中華。喜んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったりと、そんな忙しい日常を、気ままに綴ってます。そんなちゅーさんを、どうかよろしく。

プロフィール(詳細)

●バンクーバ時刻●

「9」を押してみそ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■メールはコチラ■

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。