FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和泉式部日記が面白い

ちょっと勉強の合間に一息

文学の授業で色々読んでるけど、和泉式部日記が一番好き

Youtubeで、和泉式部についての生涯を語った歴史ドキュメンタリーがあったけど、それを見て余計に好きになった。

あの有名な紫式部が「けしからん女やけども、歌の才能はほんまもんや」と認めた程の歌人であり、それと同時に「けしからん」と認められた程スキャンダラスな恋が多い女性だった。

和泉式部日記からは、「この女・・・(苦笑)」と思いたくなるほど、イノセント気取りで、上手いぐらいに男心のポイントを知っている、同性に嫌われるタイプです。笑

最初からとばしていってくれます。
夫が死んで、まだ数ヶ月というときに、気分落ち込みながら浸ってたら、そこに夫の弟である高貴な方から歌が届き、彼の誘惑に「あら、どうしましょう」と思いながらも、誘惑的な歌を返します。素晴らしい歌に魅せられた高貴なお方は、和泉式部の家に来てしまい、和泉式部は「まぁ、なんてこと。でも、ここで冷たく帰らせてしまうのも悪いし・・・」とか何とか言いながら、ちゃっかり結ばれてしまいます。ここで、読者は「おいおい、亡き夫のために悲しんでたんちゃうんかい」と思ってしまいます。

そんな曖昧な反応をたくさんする和泉式部さん。
そして、それに惹かれていってしまう高貴なお方。
もー、気になって気になって仕方ないんですよね。和泉式部が何を考えているのか。
ぼーっとしてて、はかなげで、健気で、恋に情熱的な和泉式部。でも、他の男達と関係を持っているとウワサは絶えず、高貴なお方は「何が本当なんだ!他の男とも繋がっているのか!いや、そんなはずはない!こんな健気な女性に限って・・・!」とか、心の葛藤をする高貴なお方・・・笑
そんな方を見て、「はて?」な雰囲気を保つ和泉式部。
遂に和泉式部さんは、高貴なお方のお世話をする役という肩書きを持って宮仕えをすることになりました。宮仕えでも、妻のような扱いを受けたそうです。

そんな二人の関係に、高貴なお方の奥さんは、怒ってしまい、家を出て行ってしまいます。

和泉式部は、「まぁ大変。でも、私はどうすることも出来ないので・・・」とか何とか言って、よく分からないフリをして、お宮に居座り続けるのです。。。「おいおい、事の発端はあんたが・・・・」と突っ込みたくなる一部です。

物語として、長くないし、気軽に読めるテキストです。
読んだ後、きっと、もっと彼女のことを知りたくなるはず!
Youtubeで見れる「歴史秘話ヒステリア」、和泉式部を是非!


COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
youtubeみてみたよ~!
おもしろかった☆
なんか日本人は四季があって歌があって。。
そうやって平和にいきてたんやなぁ。。ってしみじみおもいましたw

地元の名前に和歌ってついてるのもなにか不思議な気持ちになったり。。


  • Happy#-
  • URL
  • 2009.11.14(Sat)
  • Edit
●Happy●
日本人の四季感はホントに素敵★でも、それは平安の貴族文化であって、平民に浸透してたかは微妙。だから、同じ国でも位によって文化が異なるっていうのも面白いよね。和歌山って素敵な名前よね。
  • ちゅー#-
  • URL
  • 2009.11.30(Mon)
  • Edit

プロフィール

ちゅー

Author:ちゅー
18歳で日本を離れ、カナダのコミュニティカレッジでESLを含め3年勉強し、現在ブリティッシュ・コロンビア大学でアジア学をメジャー、国際関係学をマイナーに、勉強しています。卒業予定は2010年5月。趣味は中国語の勉強、アジア映画観賞、器観賞、旅行。好きな食べ物はカルピスと冷やし中華。喜んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったりと、そんな忙しい日常を、気ままに綴ってます。そんなちゅーさんを、どうかよろしく。

プロフィール(詳細)

●バンクーバ時刻●

「9」を押してみそ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■メールはコチラ■

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。